新家工業株式会社新家工業株式会社

ステンレス・チタンの新家工業は、伝統に培われたロールフォーミング技術を駆使して、時代のニーズに合わせた多種多様な形状の鋼管・型鋼をお届けしています。

お問い合わせ


型鋼製品におけるロール成型とプレス成型の比較

型鋼製品におけるロール成型とプレス成型の比較

メリット
デメリット
分類 要素 項目 ロールフォーミング プレス
生産 生産特性 生産速度

ロール金型の技術進歩により、数十メートル/分の速度で生産が可能である

一分間のストローク数×成型可能な製品長により、生産速度に限界がある

材料対応

ロール条件の調整により、被成型材料の寸法や特性変化に対応が可能である。

金型セットによる部分的な対応が困難である

不良(屑)率

各成型セクションで品質対応が可能のため品質が安定し、不良発生が少ない

材料などの品質特性に対応が困難なため突発的に連続して不良が発生する場合がある

切替

ロール成型部全体を交換する方式を採用すれば、プレスの金型交換と同等の効率が得られるが、初期的な設備コストが多額となる。

ユニセット方式により短時間で効率よく切替を行うことが出来る

製品長さ

あらゆる製品長に対応可能であり自由度が高いため、長い製品の生産に適している(極端な表現ではありが、材料長さ=製品長さまで可能である)

金型取り付け部に規制されるため、製品長さに限界がある

製品端面

ロールの特性により製品の片方は幅が大きくなり、他の端部は小さくなる

材料両端ほど成型性が良いため、製品の両端とも幅が小さくなる

品質 製品品質 形状

成型品質に優れる

微調整が困難なため限界がある

各ロールのセクションでの段階的な成型により被成型材(材料)の特性を損なわない状態で成型が可能であるため、形状の安定度が高く均一な製品が生産可能である

金型、材料などの特性の影響を受けやすく不安定である

ロールにより部分的、段階的に変形を加えるため、成型形状やその他の諸問題に対する成型対応を把握しやすく、ロール形状、設定位置の変更など成型プロセス中に形状不整を修正、調整できる機能を組み込むことが出来る

組み込まれた金型及びプレスの諸条件により成型条件が規定されるため、成型の諸問題に対する対応は、金型を修正し、成型条件を変更するしかない

特性 形状実現 形状現実

複雑な形状についての実現が可能である

金型により制限され、限界がある。

製品長さ対応

長さが自由に変更可能であり、あらゆる製品長さに対応できる

取り付け可能な金型の大きさで規制される

金型 耐久性

各ロールに加わる力はプレス成型時に金型に加わる力が小さく、板材の強度上昇がもたらす影響を受けにくい

プレス成型時に金型に加わる力が大きく、板材の強度上昇がもたらす影響を受けやすい

設計、分析 製品実現

CAE,FEMなどのツールにより予想される製品実現における問題、対策及び期待できる効果など試作段階前に検討が可能であるため、試作回数、試作時間が短縮できる

製品現実において成型セクションを多く持つ一つの金型による成型及び多数のプレスを並べたプレスラインでの成型は、試作において非常に多くの工数、費用を必要とする

費用 導入費用

成型ライン

ライン全体でプレスラインと比較して安価である

ライン全体の導入費用はロール成型ラインと比較して高価である

基礎工事

各装置の役割が分散されているため、各装置の重量が軽く基礎工事は安価である

装置の重量がプレスに集中し、また非常に重量が大きいため、基礎工事が高価となる

金型

プレス金型と比較して安価である

費用/加工度は非常に高価である




型鋼3Dサンプル

katatata.jpg katata.jpg

デザイン提供 啓文社

k4-11.jpg k4-201.jpg k4-211.jpg k5-151.jpg K5-401.jpg ppp.jpg rail1preii.JPG rail2 preii.jpg rail3preiii.JPG

MRS蓄光タイプ(階段滑り止め)


none LED.jpg mozi2.jpg
消灯後も光続けているので
「災害時」はもちろん、普段でも危険な階段室を安全に誘導!
蓄光部は、視認性の高い「ブルーグリーン」を採用しています。






yazirusi.jpg
STEEL LED day   a.jpg 「蓄光タイプ」ノンスリップは、従来のグリーン発行製品と比較して残光時間が長く、一般的な屋内原光で、消灯後約10時間自発光し続けます。また、消灯後20分以降はJIS消防標識規格(JISZ9107-1998)の約2倍の輝度を維持します。
暗所では、プルキニエ現象によって、比視感度のピークがブルー側にシフトされるため、グリーン系色よりブルー系色の視認性がより高まります。    
※プルキエニ現象
目の明るい所に慣れた状態では、錐状細胞が主に働いているため、緑色が最も明るく見えるが、目が暗いところに慣れた状態では、桿状体細胞が働いているため、青色が最も明るく見える現象。






yazirusi.jpg
steel none LED.jpg → カットサンプルあります。
yazirusi.jpg
steel LED2.jpg siyou.jpg



setumei2.jpg

角出し鋼管

40102.3 up 200.JPG 401023 side 200.JPG

 鉄・ステンレス

 定尺:5,500

 40×10×2.3

             角出し









40303.2 up 200.JPG 403032 side 200.JPG

   鉄・ステンレス

   定尺:5,500

   40×30×3.2

   角出し









752532 up 200.JPG 752532 side. 200JPG.JPG

 鉄・ステンレス

 定尺:5,500

 75×25×3.2

 R=1.75







100302.3 UP 200.JPG 100303.2 side 200.JPG

 鉄・ステンレス

 定尺:5,500

 105×30×2.3

 R=2.00







お問い合わせ先
TEL.03-5646-1081 FAX.03-5646-1220 東京営業所
TEL.06-6253-0226 FAX.06-6253-0237 関西営業部 藤田



▲ページの先頭へ