新家工業株式会社新家工業株式会社

ステンレス・チタンの新家工業は、伝統に培われたロールフォーミング技術を駆使して、時代のニーズに合わせた多種多様な形状の鋼管・型鋼をお届けしています。

お問い合わせ


一般構造用角形鋼管(STKR)

一般構造用角形鋼管 JIS G 3466 (認証番号 QA0506007)
鋼管・型鋼カタログダウンロード印刷用「鋼管・型鋼カタログ」 (右クリックでPDFファイルを保存)

製造寸法及び単位質量表

単位:mm  :kg/m

寸法 厚さ
1.6 2.3 3.2 4.5
50×20
1.63
2.25
2.99
50×50
2.38
3.34
4.50
6.02
60×60
2.88
4.06
5.50
7.43
75×75
5.14
7.01
9.55
100×100
6.95
9.52
13.1
125×125
8.75
12.0
16.6
60×30
2.13
2.98
3.99
75×45
2.88
4.06
5.50
7.43
100×50
3.64
5.14
7.01
9.55
125×75
6.95
9.52
13.1

※標準長さは定尺:6,000mm、8,000mm(特寸、カラー製品については、ご相談に応じます)


化学成分・機械的性質


  化学成分% 引張強さ
N/mm2
降状点又は耐力
N/mm2
伸び%
5号試験片
記号 C Si Mn P S
STKR400
0.25以下
-
-
0.040以下
0.040以下
400以上
245以上
下表参照
STKR490
0.18以下
0.55以下
1.50以下
0.040以下
0.040以下
490以上
325以上

各厚さに対する伸び

厚さ(mm) 4,5 3.2 2.3 1.6
伸び(%)
18以上
17以上
16以上
14以上

備考:
1.キルド鋼であって、かつ、注文者が製品分析を要求した場合、表記の値に対する許容変動値はJISG0321(鋼材の製品分析方法及びその許容変動値)の表2による。
2.厚さ8mm未満の角形鋼管の伸びの最小値は、厚さ1mmを減じるごとに表の伸びの値から1.5を減じたものをJISZ8401(数値の丸め方)によって整数値に丸める。
3.溶接によって製造した角形鋼管から引張試験片を採取する場合は、継目を含まない部分から採取する。


寸法許容差

項目および寸法の区分 寸法許容差
辺の長さ
100mm以下
±1.5mm
100mmを超えるもの
±1.5%
厚さ
3mm未満
±0.3mm
3mm以上
±10%
各辺の平板部分の凹凸
辺の長さ100mm以下
0.5mm以下
辺の長さ100mmを超えるもの
辺の長さの0.5%以下
隣りあった平板部分のなす角度
90°±1.5°
角部の寸法:S
3t以下
長さ
+規定せず,0mm
曲がり
全長の0.3%以下

備考:
1.平板部分とは、次図に示す斜線部分をいう。
2.角部の寸法の許容差は、受渡当事者間の協定によって、変更することができる。
3.曲がりの許容差は、上下、左右の大曲がりに適用する。
4.厚さの許容差は、平板部分について適用する。



▲ページの先頭へ


お問い合わせはメールまたは
℡.03-5646-1081 FAX.03-5646-1220 東京営業所
℡.06-6253-0226 FAX.06-6253-0237 鋼管営業部 松本
までお願いします